ロゴ
HOME>オススメ情報>気になる体の痛みを軽減!ストレッチを始めてみよう

気になる体の痛みを軽減!ストレッチを始めてみよう

ストレッチ

ストレッチとトレーニングは違う

体を動かすためにトレーニングやストレッチを行いますが、そもそもトレーニングとストレッチはどう違うのか、よくわかっていない人もたくさんいます。なかにはトレーニングもストレッチも同じものだと誤解している人もいますが、これらははっきりとした違いがあります。まずトレーニングとは、筋肉を身につけるために行う運動にことを言います。腹筋やスクワット、腕立て伏せ、懸垂など体に負担をかけながら鍛えていく方法です。そしてストレッチはその逆で、筋を柔らかくするための運動のことを言います。柔軟体操やヨガ、ラジオ体操、準備運動も入ります。このように同じ体を動かす方法でも、体を動かすための目的によって言葉が変わっていきます。

ストレッチ

ストレッチで期待できる効果

トレーニングをする前のストレッチは、とても大切です。それをせずに、いきなり激しい運動に取り組んでしまえば筋を痛めやすくなり、ケガをする可能性も高まってしまいます。なぜ可能性が高まるのかといいますと、体が硬くなっているためです。ストレッチは体を柔らかくさせる効果があり、その柔軟性が筋を痛めるのを防いでいきます。研究でも柔軟性が高い人ほどケガをしにくいという結果を出しており、体を柔らかくする必要性を伝えています。つまりストレッチは、体の筋をやわらげケガのリスクを低下させる効果が期待できるということです。運動をする前に準備体操をするのも、毎日ストレッチをするのも、生きるためにケガのリスクを軽減させ体を動かしやすくさせるためにあるということです。